tAk / Frôler le sol

01 - Ce qui nous tombe dessus

02 - Arrête la pluie

03 - Une bulle 

04 - À la toute fin du monde 

05 - Petit à petit 

 

Media : Digital / CD

Release Date : 12 March 2021 (CD) / 19 March 2021 (Digital) 

DFRD015

 


- About the album - 

 

フランス人ソロアーティストtAkによる4枚目のアルバム『Frôler le sol』。ギターレイヤーを用い独自のポストロックサウンドを紡ぎ出している。ライブにおいては10年以上に渡り絵本作家Adrien DemontとtAk & Demontとして活動を共にしており、tAkの恍惚で美しい旋律を持つゆっくりと幽玄に流れる音楽とAdrienによるドローイングのコラボレーションにより美しくも儚い夢のような世界を創り出している。

Mogwai, Godspeed You! Black Emperor, Monoなどのポストロックバンド、そしてLes Thugs, Noir Désirと言ったフランスのバンドやThee Michelle Gun Elephant, Sonic Youth, Neil Young, Cat Powerなどの影響に加え、カナダ・ケベック州の漫画家・イラストレーターそしてミュージシャンでもあるGeneviève Castréeに強くインスパイアされており今作『Frôler le sol』のソングタイトルは全て彼女の作品や詩から付けられている。

今作ではギターメインの楽曲の他にもグロッケンを用いた美しい楽曲"Ce qui nous tombe dessus" (Track 1)など新たな一面ものぞかせる。

 

The fourth album by French solo artist tAk. He uses guitar layers to weave his unique post-rock sound. 

More than 10 years of collaboration in live performance with drawing artist Adrien Demont, where music and drawing intermingle to create moments of ephemeral reveries, has led him to develop this particular hypnotic and melodic music style.

In addition to influences from post-rock bands such as Mogwai, Godspeed You! Black Emperor, Mono, also French bands such as Les Thugs, Noir Désir, and bands like Thee Michelle Gun Elephant, Sonic Youth, Neil Young, etc., tAk is strongly inspired by Geneviève Castrée, a cartoonist, illustrator, and musician from Quebec, Canada, and the song titles of "Frôler le sol" are all taken from her works and poems.

Besides the guitar-based songs, the album also features a beautiful minimalistic song "Ce qui nous tombe dessus" (Track 1) with glockenspiel.